2013年10月17日 木曜日

コーチングって?(3)

おはようございます!!

台風26号は大きな爪痕を残して去っていきました。特に伊豆大島では、まだ行方不明者の捜索が今も続いているものと思われます。被害に会われた方への心からのお見舞いを申し上げます。

さて、昨日は、コーチングを始めるにあたっては、まずコーチをする側と受ける側の信頼関係が大切だというお話をしました。

通常、社内研修等で実施されるコーチングでは、管理職にあたる上司が部下に対して、いかにコーチングの手法を活かして、部下の自主性を促し、業務の活性化へとつなげるか、ということがテーマになります

しかし、そこでもまず大切なことは、この「信頼関係」です。毎日一緒に仕事をしてるんだから、「信頼関係」なんてないはずないじゃないか?!と思われるでしょうか?

では、そう思われた管理職の方は、いったい部下のことをどれほどご存知でしょうか?

物理的に身近にいるからといって、その人のことを知っているつもりになっていますが、意外と私たちは判っていなかったりするものです

「判っていなかった」「知らなかった」という事実に気付く、そのことがまず大切な気がします。

さて、信頼関係の構築の次に、コーチングですることは「あなたの目標を定めていただくこと」です。          
          
目標設定なんか、簡単や!!と思われるかもしれません。          
          
果たしてそうでしょうか。。。?例えば、今年の売上目標○○○○万円とか、営業目標○○○○万円とか、というのは普通にされているかもしれません。          
          
営業マンなら、多かれ少なかれ、こういった目標は「査定」や、その部や課の販売計画等に関連するものとして、重要だと思います。  
        
しかし、ここで目標として掲げていただきたいのは、この半年、とか1年とかいった比較的短期的な目標ではなく、もう少し長期に渡る、そして、決して目標として上から指示されたものではなく、自らが自分に課す目標というものです(だからといって、もちろん、この目標が組織の方向と違う、ということはありえません)。          
          
社長なら、「経営理念」のような、「経営についての絶対的な信念」に基づいて、「5年後、10年後の会社の姿」というのが目標ということになるかもしれません。          
          
コーチングにおいては、この目標設定というものが非常に大切で(確かに、この目標に向かって動き出すためのコーチングなので ここが間違っていたら前提条件が崩れる、ということになります)、時間をかけて、ゆっくりと設定するのが通常のやり方です。

今日はここまでです。ずいぶん涼しく(寒く?)なりましたが、外出時の服装には十分、お気を付けください!!


投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら