事務所 Blog

2015年4月 1日 水曜日

ヘルペスにご用心!

実は、1月も終わりかけ、そろそろ確定申告の準備に取り掛かろうと、いつになくパソコンを持って朝、道を歩いていたら、右足に違和感が。。。sweat01いつもより、重いものを持ったせいかと思っていました。

とりあえず、その日は夕方まで仕事をしましたが、歩くのが困難なくらい痛みがひどく、すぐに「整形外科クリニック」の診察を受けました。ところが、ドクターの見立ては「sign02」な感じで、「もしかしたら、坐骨神経痛かも」とちょっと煮え切らない診断。

とりあえず、3日ほどしたら、もう一度来なさい、と言われていたのですが、太ももの後ろ辺りの痛みがひどく、触ってみると何か皮膚がボコボコにshock。何せ、右の腰から、足首にかけての後ろの部分なので、自分ではかなり努力しないと見えないのですが、何か普通じゃないことは確か。。。。

そう思って整形外科で再診を受け、坐骨神経痛の治療をしてもらった後、「鍼しましょうか」と言われ、太ももの後ろを見たドクター、

一言、「あsign03これはヘルペスや」

ってなことで、皮膚科へGO!皮膚科のドクター、見るや否や、1秒も経たないうちに「間違いなくヘルペスです」

1週間は絶対にきちんとのんでください、と抗生剤と痛み止め、胃薬を渡されました。

とりあえず、疱瘡は幸か不幸か、あまり自分の目には入らないし、ま、短いスカート穿かない限り、人さまからも見えないのですが、何せ、右足が痛くて、痛くて歩くのも困難、階段は手すりなしではちょっと無理かも、な状態でした。

ヘルペスって、一概に言ってもいろんな出方があるらしく、口唇に少しできるだけのものや、お腹の神経に沿ってできるもの、そして、足の神経に沿ってできるものなどがあるようです。ただ、口唇やお腹はさほど、症状もひどくないらしく、単に「ヘルペスなんです」と言っても、あまり同情してもらえないのですが、とある会社の社長に話したら、彼は両足がヘルペスになったことがあるそうで、「速攻、入院しなさい」と言われたとか。。。その社長には、ずいぶん同情していただけました(笑)。

年齢も40代以降になると、水疱瘡のウィルスの抗体が弱まり、ちょっとストレスや疲れがたまるとかかりやすくなるそうです。

皆さんもぜひ、ヘルペスにはご注意を。。。そして、ひどいときは私に話していただければ、十分に同情させていただきます(笑)

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら