経営のヒント

2014年10月31日 金曜日

アサーティブネスとは(10)

おはようございます!!

すみません!!今週はバタバタとしていて、ブログ更新怠ってしまいました!

今週末はあまり良いお天気は期待できないそうですが、多くの方は3連休だと思いますので、とりあえず、今日一日、お仕事頑張りましょうね!

さて、アサーティブネスのお話を続けてきましたが、最後にアサーティブネスに伝えるためのテクニックについて、少しお話しましょう。

1.自分の主張したいことはコンパクトに、また自然に何度でも!
話を聞いているとき、人は自分の耳に心地よいことを重点的に聞くものです。もし、相手にとってあまり聞きたくない内容だったら、少し行ってみても十分に伝わらないことは多々あります。そんなときは、手を替え、品を替え(?)、いろいろな表現で何度でも繰り返し、あなたの伝えたいことを口にしてみてください。

2.自分の心をできるだけ正直に!
何らかの意図があって、オブラートに包むような言い方をする場合がありますが、これは却って逆効果になることも。相手を思いやる気持ちを持ちながらも、きちんと自分の感情とともに(決して感情的になる、という意味ではなく、「私は○○の事実を悲しく思っています」等)、できるだけ正直に自分の気持ちを伝えてみてください。

3.相手の思いも大切にする!
自分の主張を伝えるだけでなく、当然、相手の主張もよく聞いたうえで、両者の妥協点を見出す、というのは必要なアプローチだと思います。どこまで譲歩できるのか、よく考えてみてください。

4.相手から批判を受けても「否定せず」「防衛せず」「仕返し、反撃をしない」
一部(事実だけ、原則だけ。。。)は同意する等、批判されてもあくまで感情的にならず、相手の言うことに対応しながら、決して全面的に否定、防衛、反撃することはしないでやってみる。また、それに対し、相手にさらに質問を投げかけてみてください。

「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」

投稿者 七野恭子税理士事務所 | 記事URL

2014年10月24日 金曜日

アサーティブネスとは?(9)

おはようございます!!

さあ、今週も早、金曜日。 

今週末もここ大阪は秋晴れの行楽日和になりそうです。

ただ、朝晩の気温差が半端なく、体調を崩しやすい季節でもありますので、ぜひ、風邪など引かれませんように十分に注意してくださいね!

昨日は、アサーティブネスであるためのポイントとして、「もののとらえ方」というお話をしました。

「遅刻はいけない」というとらえ方は、多分、多くの方の共感を得ることができると思うのですが、例えば、会社内での上司・部下との関係ならば、上司は「何でも報告して当たり前」、部下は「自分のことを信用してくれていたら、大切なことをきちんと報告すればよい」など、その「とらえ方」には若干のズレが生じたりします。

こういったことは、どちらが正しい、正しくない、というよりも、それぞれが持つ「自分の常識」のようなものが異なるために起こります。

よって、アサーティブネスであるためには、このこと(それぞれの常識は違う)を踏まえ、「必ずしも、自分の常識が正しいというわけではない」という認識が必要です。

そう認識することで、相手の言うことが理解でき、譲歩できる場合もあるでしょうし、さらに説得をする場合もあるでしょう。

いずれにせよ、お互いの理解が深まることは間違いがないと思います。



「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」

投稿者 七野恭子税理士事務所 | 記事URL

2014年10月23日 木曜日

アサーティブネスとは?(8)

おはようございます!!

今朝は、ここ大阪は気持ちの良い秋晴れになりました。

今日も頑張って一日をスタートさせましょう!!

昨日は、アサーティブネスになる、なれないのポイントとして、「感情のコントロール」というお話をしました。

今日は、同じくアサーティブネスに関するポイントとして、「もののとらえ方」というお話をしたいと思います。

例えば、あなたが誰かと待ち合わせをしていたとき、(電車が遅れるなどの大きな理由もないのに)大幅に遅刻してきた、とします。

あなたは何らかの抗議を彼、または彼女にするでしょう。

本当に腹が立ったら「怒り」の形になるかもしれないし、遠慮しなければならない相手であれば、表面上は「あ、全然大丈夫です」なんて言って笑っているかもしれません。

これは、あなたの「もののとらえ方」というフィルターがかかっているから生じます。

つまり、「待合せに大幅に遅れて相手を待たせることは最低だ!!」というフィルター(もののとらえ方)が通っているのです。


「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」

投稿者 七野恭子税理士事務所 | 記事URL

2014年10月22日 水曜日

アサーティブネスとは?(7)

おはようございます!!

時間が経過するのは本当に早いですね。今月もあと1週間ほどでオシマイ、11月は目の前です。

とはいえ、まだ年末までに2か月あります!

私は今から、ぜひ「今年中にやっておきたいこと」リストを作成し、完了したものから順に1つ1つ✔を付けていこうかなと考えています(笑)。

さて、アサーティブネスの続きです。

自己主張についての3つのタイプ、というお話をしましたが、アサーティブか、そうでないかは、「感情のコントロール」と「物事に対するとらえ方」ということにポイントがあるように思います。

まず、「感情のコントロール」が難しい、という自覚がある方は、自己主張をすべき局面にあったとき、次のようなことをちょっと考えてみてください。

1.今、自分が望んでいること(方向)
2.同様に、相手が望んでいること(方向)
3.双方にとって望ましい結果
4.自分の現在の感情はどこにあるのか

きちんとこういった内容を整理して考えていると、ふと冷静になっている自分に気が付きませんか。日頃から、ちょっとしたことが起こった場合にも、こんなことを考えるクセをつけてみてください。



「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」

投稿者 七野恭子税理士事務所 | 記事URL

2014年10月20日 月曜日

アサーティブネスとは?(6)

おはようございます!!

今週に入って、昨日は残念ながら曇りがちな一日でした。今日は朝から晴天sunですね(確か、天気予報はrainだったような。。。)。さあ、頑張って今日一日も過ごしましょうね!!

さて、アサーティブのお話を続けましょう。

自己主張における3つのスタイルについて昨日お話ししましたが、攻撃的、受け身的がちな方は、なぜアサーティブネスなスタイルを取れないのでしょうか?

もし、ご自分が攻撃的、或いは受け身的がちだと思われた方は、ちょっとお考えいただきたいのですが、おそらく、まず、「攻撃的」な方は、自分の感情を十分にコントロールできず、短期的な視点に目が行ってしまうがちなのではないでしょうか。

次に、「受け身的」な方は、過度に周囲の目を気にするあまり自己表現することを恐れていたり、自分の意見に自信が持てない、といったところがないでしょうか。

つまり、このいずれでもない、「アサーティブな人」とは、
1.自分自身の感情をコントロールできる
2.長期的で、双方にとって望ましい結論を考えている
3.自分ばかりではなく、相手の意見、感情も尊重している

これらのような人といえるのではないでしょうか。



「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」

投稿者 七野恭子税理士事務所 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら