経営のヒント

2013年9月10日 火曜日

今さら?でも、やはり大切なコミュニケーション(2)

おはようございます!!

朝晩はずいぶん爽やかな風が吹くようになりましたが、さすが日中はまだまだ暑いですね。眠りやすくなった、というだけ、まだマシだと思わないといけませんねconfident

さて、本日は、コミュニケーションに関するこんな話題です。

先日、ある友人から、こんな相談を受けました。

「とある会議の運営を任されているんだけど、なかなか満足のいく会議を運営することができない。 どうしたら、いいのかな?」

というものでした(うーん、確かに、会議についてのお悩みを持っている方も多いと思います)。

うまくいかない理由、というものを聞いてみると、その方なりに、いろいろ思い当たることがあるようでした。

私も、最初はその方の挙げる理由を「なるほど。。。」と思いながら、聞いていました。

しかし、聞きながら、その理由となっていることを全て解決したら、会議はうまく運営できるんだろうかsign02とふと思いました。

どうしても、そうは思えなかったのです。

そこで、「あなたは会議の参加者と日頃から、どのようなコミュニケーションをとっているのか」、と聞きました。

どうやら、そもそも置かれている環境が普通の会社等の組織での会議とは異なるのですが、いずれにせよ、あまり活発なコミュニケーションが取られているとはいえないようでした。

そこで、私が提案したのは、会議の参加者とほんの少しでもいいから(お天気の話でも、体調の話でも、何でもいいから)、会議の前後にちょっと話してみたら、場の空気が変わるんじゃないかな、ということでした。

ちなみに彼女は、見た目にも、話してみても、とても好感のもてる女性だと思います。しかし、従来からの慣習等のために、なかなか会議の参加者と雑談をする、とか、人間関係を作る、という発想はなかったように思えました。

今後、場の空気が変わることでコミュニケーションが活発になり、会議の運営も多少なりとも、うまくいくようになっていけばいいなと思っているのですが、皆さんはどう思われましたか?

本日の質問は、

「会議や打合せはうまく運営されていますか?されていないとしたら、その原因は日常のコミュニケーションにありませんか?」




投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら