経営のヒント

2013年9月18日 水曜日

ピーチの挑戦(2)

おはようございます!!

朝晩、めっきり涼しくなりましたね。いつまでも、暑いと思って、お風呂上りに薄着でいたら、「寒っ!」と感じることがあり、本当にこれからしばらくは、気を付けないといけないなーと思いました。

さて、本日は、ピーチ搭乗のレポート第2弾です。実際に乗ってみて、サービス面で感じたことをお伝えしたいと思います。

今回、関西空港からの出発でしたが、従来のターミナルが「第一ターミナル」となっており(今までは、ターミナルは1つでした)、  新たにピーチ専用の「第2ターミナル」というのが出来ていました。南海やJRの駅の改札を出ると、「まさか!」の従来とは逆方向にこの第2ターミナルがあり、かなり戸惑いました。  
  
その第2ターミナルですが、どうやら貨物倉庫を隔てた向う側にできているようで、電車で行くと、通常のターミナルからピストン運転している専用のバスが出ていて、5~10分くらいかかります。10分に1本くらい出ているので、そんなに バスを待つことはありませんが、それでも、通常のターミナルのことを考えたら、この移動にかかる時間20分くらいは余分に見ておく必要があると思います。 
  
搭乗手続き等は、他の航空会社のものとほとんど変わりません。  
  
搭乗については、全て地上からタラップを使って乗り込むことになります。  
  
シートは真ん中に通路があり、両方に3列ずつになっています。座った時の前のシートとの間隔は、やはり結構狭いかな、と  
感じます。一応、リクライニングになっているのですが、前のシートが倒された折には、かなり窮屈感満載です。  
  
機内では、飲み物、新聞等のサービスは一切なし。音楽や映画といったものもありません。  
  
ただし、有料で何種類かの食事や飲み物を提供しています。  
  
乗客数自身が全部で6席×30列くらい(?)で180人を2人のCAでカバーしています。  
  
当たり前ですが、安全面についてはコストを落とす、ということはできませんので、それなりにコストをかけ、それ以外のサービス面については削減できるところは全て削減した、という感じなのだと思います。  
  
以上、料金とサービス面についてレポートさせていただきました。 

さて、本日の質問は、

「あなたの会社(組織、家庭。。。)でコスト削減する余地があるとすれば、どこですか?」


投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら