経営のヒント

2013年10月28日 月曜日

ビジョン・メイキングをする(1)

おはようございます!!

ここ大阪は爽やかな天候の週明けになりました。皆さん、お元気ですか?

昨日は、「大阪マラソン」がありました。私の高校時代の友人、Sくんも参加し、みごと完走。自己ベストタイムも更新したそうです。私も大学時代は体育会系運動部sweat01だったので、よく走っていましたが、今となっては「42.195Kmもよく走れるな~sign01」と完走した、というだけで本当にすごい、と思います。

とはいえ、「スポーツの秋」。私も、時間を作って頑張ってジムに通いたいと思っています。

さて、今週は、経営者さんだけでなく、いろいろな方に共通するテーマを取り上げてみました。

えっ、また「経営計画」とか、そんな話でしょ?と思われるかもしれません

確かに、長期(5~10年)の経営計画にもつながるものですが、そんなに固く考えなくても大丈夫です!

イメージとしては、あなたの現実可能な夢をきちんとした形で描きましょう、という感じでしょうか。

実は、これもコーチングの中の一つのやり方です。
コーチングをテーマに取り上げたときに、コーチングは目標(ゴール)に向かって、一緒に併走するイメージ、というお話をさせてもらったと思います。この「ゴールの設定」というのは、簡単そうで結構、難しい、というお話も同時にしました。

このビジョン・メイキングはイコール「ゴールの設定」と考えていただいていいものです。

私たちは、日頃、将来設計について、断片的に考えることはよくあると思います。あるいは、経営者の方であれば、それこそ逆に「売上○○億円」とか、ものすごく具体的な数字で考えられることもあるかもしれません。

しかし、ここでいうビジョンとは、自分が本当になりたい姿、あるいは本当にそのような会社にしたい、と心から思う形です。

先日、とあるところでこのテーマについてお話すると、何人かの方がさっそく挑戦されました。

そのうちの一人の男性が語ったビジョンは、多分、今の職業と何らかのつながりはあるのでしょうが、受ける印象は「今の職業とかなり異なるもの」でした。しかし、そのビジョンを語る彼は、とてもイキイキとしていて、また、その内容もまるでその方が、現実にそのビジョンの中で動いているのが目に見えるような気さえしました。

周りで聞いている私たちがそう思うのですから、彼自身はおそらくもっと現実的に「5年後の自分」が見えていたようでした。そして、彼はこう言いました。

多分、本当に実現すると思います、と。


さ、週明け、今日も頑張っていきましょう!!happy01

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら