経営のヒント

2013年11月22日 金曜日

「前向きな経営計画」の立て方(5)

おはようございます!!

今週ももう金曜日ですねー。

そして、11月もあと1週間と少しですsign01ホント、気忙しい感じが漂ってきていますが、ま、泣いても、笑っても一日は一日、今日も頑張っていきましょうhappy01

さあ、このテーマも最後となりました。

5年後の目標を明確にして、全社を挙げて目標達成を目指しましょう。しかし、その目標は現実的なものである必要があります

つまり、社長(或いは幹部)が描いたビジョンがどれほど実現可能性があるか?を実際に数字に落としてみて、検討するのが数字による経営計画というものです。         
         
いくらイメージでは実現できそうな計画でも、実際に数字に落としてみたら実現は相当難しいのではないか、と思われるものもあります。逆に「意外とできるかもしれない」と自信につながる場合もあるでしょう。

「数字」というものは、好む、好まざるにかかわらず、とても現実的なものなのです。数字に反映させてみることで現実を突きつけられる、ともいえます。        
         
5年後のビジョンを描く⇒5年後のビジョンを実現するための1年、1年のステップを考える⇒経営計画として数字に落とす         
         
いかがですか?         
         
こうしてできた5年後のビジョンを社員全員で共有するのです。        
         
どうか上手くいっている会社も、今は少し停滞ぎみの会社も、社員全員が前を向いて進めるような経営計画を作成してください。    
    
これこそが「前向きな経営計画」のはずです。  

ぜひ、やってみてください!

うーん。。。とつまづいたら、ご連絡いただければ、お手伝いさせていただきますconfident

では、また来週。。。よい週末をお過ごしくださいsign03    


投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら