経営のヒント

2014年1月31日 金曜日

人材コンサルタント(5)

おはようございます!!

今日で1月も最後ですね。私たちの業界はこれからが繁忙期。

私は、今年と来年、税務署が主催している地域の「確定申告相談会」の世話役のお鉢が回ってきました。

昨年までは、担当表が送られてきて、その担当日に出掛けて行って相談員をしてればよかったのですが、今回は完全に裏方に徹して、打合せや新しく加入された先生への研修等、様々な準備事項があり、相談会期間中は「待機要員」としての役割もあります。

でも、何事も経験!!頑張ります。

さて、今日でこのテーマも最後です。

昨日は、「きちんと人材コンサルとの相性や資質を見極めて、納得してから契約してください」というお話をしましたが。。。

契約後も密にコミュニケーションをとり、実際にコンサルタントを受けているスタッフからも話を聞き、少しでも疑問点(例えば、社員が「実は辞めたい」と言ってきたがどう対処すればよいのか、など)が生じたら、すぐに進めている他の社員の面談を一時中断しても、話し合うべきです。        
        
つまり、人材(開発)コンサルタントというプロにお金を出して、任せたからといって、任せっぱなしでは絶対にダメだということです。 
        
最後に、社長と幹部、また、社長と従業員との間がうまくいかない、という場合には、社長自身も何らかの意識変革が必要な場合もあるかもしれません。        
        
ちなみに私もコーチングの研修をさせていただくことができます。

自分の経験から、まずは社長とのコーチングから始めさせていただくことにしています。また、ご興味ありましたら、ぜひご連絡ください!!        
        
では、どうぞ素敵な週末を。。。 
 


「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」
     

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら