経営のヒント

2014年1月22日 水曜日

社長と社員の距離(3)

おはようございます!!

昨日、風邪を引きました、というお話をしましたが、2日間イヤというほど睡眠をとったら、ほぼ全快しましたscissors。 改めて、風邪にはよく「睡眠とビタミン」とか言いますが、本当だと思いました。もっとも、1日目に診察をしてもらったとき処方されたお薬もきちんと飲んでいましたが。

扁桃腺の腫れもほぼなくなり、今日から「仕事モード」全開で行きます(笑)!!


昨日は、ふと社長が支店をのぞいた時に、従業員の意識の低さに気づき、愕然とした、というお話をしました。

しかし、これこそが物理的距離が人間関係の距離になり、社長と社員との意思疎通が難しくなっていることから生じていることなのだと思います。       
       
私も長い間、社員(雇われる側)だったので、良い悪い、ではなく、彼らの気持ちはよく判るつもりです。多分、彼らの多くは、真面目に、きちんと仕事をやっているのだと思います。       
       
でも、そこまで気が回らない、そこまで意識が行かないのです。あるいは、判っていても誰かがやってくれるはずで、それを言いだすのは自分じゃない、と思っているかもしれません。       
       
社長曰く、「悪気がないから、よけい悪い。僕は社員のときから、それくらいの意識は当たり前のように持っていた」と。




  「大阪市住之江・住吉で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」
    

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら