経営のヒント

2014年3月25日 火曜日

コーチング基本編(その2)

おはようございます!!

ようやく桜が咲いても不思議ではなさそうな気候になってきましたね。
大阪は31日あたりが開花予想日らしいですが、この分だともう2~3日もしたら、咲き始めそうな気がしますね。

そういえば、桜はまだですが、我が家の近所では、白やピンクのモクレンがいっぱいの花を咲かせています。

もうすぐ4月、やはりちょっとワクワクなこの時期が私は一年で一番好きですheart04

さて、本日もコーチングの基本編です。


私自身のことをいえば、コーチングという言葉を知ったのは随分以前のことだったと思います。        
        
「コーチング」という言葉から連想するのはどのようなものでしょうか?        
        
スポーツでは、「コーチ」といえば、その種目のエキスパートで、直接指導してくれる人、という感じでしょうか。私も、学生時代、テニスをしていた頃のコーチ、といえば、まさに指導者でした。        
        
では、コーチングでいうコーチとは?        
        
やはり指導者。。。?        
        
私も多分、コーチングについて何も知らないときは、何かを指導してくれる人、経営についていえば、やはりコンサルタントに近いイメージを持っていたように思います。        
        
なので、本当に会社のことを最も考えているのは経営者だし、そんな方にコーチなんて。。。などと思っていました。        
        
しかし、コーチングを本格的に勉強するようになってすぐに、この認識は間違っていることに気が付きました。
       


「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」     

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら