経営のヒント

2014年3月28日 金曜日

コーチング基本編(その5)

おはようございます!!

昨日は税理士支部会の会議があって、住吉大社のすぐ近くにある支部会本部に行ってきましたが、住吉大社の前を通ったとき、道に面している1本の桜が既に2~3分咲いていました。

一昨日、桜の木が何となくピンク色に。。。と書いたばかりだったのですが、ここ数日の気温の上昇で日当たりのいいところは一気に咲き始めているようです。どうやら、今週末はきっと早いところは5分咲きくらいでお花見が楽しめるのではないでしょうか。

さあ、今日はもう週末ですね!!コーチング基本編も最後です。

さて、コーチングは近年、ビジネスの世界、つまり、社内における組織の効率性向上を主たる目的として注目されていると思われますが、元を正せば、あくまで個別対応であるわけですから、ビジネスの世界でのことだけで用いられるものではありません。           
           
例えば、以前お聞きしたのは、「子供とのコミュニケーションがうまくできない」とか、「余命1年と宣告された方がいかにこの1年を充実させるか」といった、まったくビジネスとは関係がないところで効果を発揮した例でした。。           
           
そうです、コーチングのキホンである、双方向、個別対応、現在進行形というのは、問題を選ばないのです。           
           
そして、そこに存在するのは言うまでもなくコミュニケーション。   
           
もちろん、世の中にはコミュニケーションをとるのが比較的得意、という方もいれば、苦手という方もいらっしゃいます。          
コーチングを学ぶことで、ビジネスも、コミュニケーションももしかしたら、違った世界が見えてくるかもしれません。。。。   

というわけで、しばらくはコーチングのお話を来週以降も続けていきたいと思っています。
よろしければ、ぜひ来週もお付合いくださいねwink



「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」      
     

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら