経営のヒント

2014年4月 2日 水曜日

ビジネス・コーチングとは(その3)

おはようございます!!

さて、昨日から消費税がUPしたわけですが。。。

私は朝一番にたまにDトールでテイク・アウトのコーヒーcafeを買います。ふとお金を払おうと料金表を見ると、確か昨日まで200円だったブレンドが今朝は220円になっていましたsign03

朝一、消費税増税を実感した出来事でした。

って、200円⇒220円って便乗値上げじゃないのかしらsign02

さて、気を取り直して、今日もコーチングの続き、行きましょう!!少し話が飛んで「リーダー論」へ。。。

例えば、一つの分析手法として、会社の開業時期、成長時期、熟成期などに区別し、開業時期はこんなリーダーが望ましく、成長時期には。。。などと組織の置かれている環境によって、リーダーの望ましいあり方を分析するものなどがあります。        
        
もちろん、このような「リーダー論」というのは、おそらく誰しもが一定の納得がいく内容になっていると思います。        
        
しかし、現在の既に成熟社会に入った日本において、もちろん、それぞれの組織の事情、環境は多少、組織によって異なるでしょうが、異なる世代、性別、さらに出身地(今後は出身国も多様化します)が混在するメンバーを擁す中で、リーダーが「コミュニケーションをしっかり取る必要がない組織」など存在するでしょうか?        
        
私はいくらITの時代だからといってもコミュニケーションのない組織はあり得ないと思っています。        

もちろん、コミュニケーション・ツールは変化していくかもしれませんが、それでもヒトとヒトの直接のやり取りが何よりも鍵になると思います。   



「大阪市住之江区・住吉区で女性の税理士をお探しなら、七野恭子税理士事務所へ!!」      
    

投稿者 七野恭子税理士事務所

アクセス


大きな地図で見る
〒559-0001
大阪市住之江区粉浜3-10-14
南海本線 住吉大社駅 徒歩3分

お問い合わせ 詳しくはこちら